LovE & StaR

壱星☆佑星とわたしの気になることぼちぼち日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

出産日記~その後☆

産後のママの処置が終わって、パジャマに着替えさせてもらった。
そして前ボタンをはずして、赤ちゃんを胸の上で抱っこできた。
肌と肌が触れ合うカンガルーケアというもの。

30分前までお腹の中にいた子がここにいる。
台の上に乗せられてたときはあんなに泣いていたのに
ピタッと泣き止んだね。
ママも落ち着くよ。
赤ちゃんは必死に私にしがみついているようで。

そして、壱星と父と母が部屋に入ってきた。
私としては兄貴になった壱星の反応がすごく気になった。

『ママァ~』と泣きつくかなぁ。とか。
小さいしわくちゃの赤ちゃんを見て嫌がる子もいるって聞いたし。

とりあえず、壱星のストレスにならないように抱きしめてあげようと思った。

すると私の想像とは違い、入ってきたと同時にママの顔も見ずに
『うわぁ~、赤ちゃーん』って!
佑星誕生 024

本当に安心したなぁ~。
臨月に入ってからというもの、体調くずしてたのもあり極度のママっ子だったから。
この瞬間をずっと心配してた。
けど、壱星は赤ちゃんを見て本当に嬉しそうだった。
さっそく優しく触ってみたり、手や足を見て『ちっちゃぁ~い』って。
佑星誕生 025

壱星、お兄ちゃんになったんだね。 おめでとう。
そのあと、神奈川のパパに無事に産まれた事を報告。
4時頃だったけど、寝れずに待っててくれたパパもホッとしたみたい。
そしてテレビ電話で対面した。
佑星誕生 027
パパには本当に立ち会ってほしかったんだけど、仕方ないね。
あと一日で会えるしね。
そうそう、パパも立ち会いたかったって言ってたのが意外だった。
私としては心強いからいてほしいものだけど、男の人って苦手かなって思ってた。
でもパパは、『あの産まれてきた瞬間の感動って言ったらないよ』って。
壱星の出産のとき立ち会ってくれて、そう思ってたんだと改めて嬉しかった。

2時間のカンガルーケアの間、壱星もさすがに眠くなったみたいで
狭い分娩用ベッドに3人で添い寝をした。
私は赤ちゃんを抱いてるし、興奮状態で眠れなかったけど
かわいい子ども2人の体温と寝息を肌で感じて幸せいっぱいだった
痛かったけど、きつかったけど、頑張った甲斐があるとはこのこと。
ちかは本当に幸せものです。
産まれてきてくれてありがとうね。

佑星誕生 039

                     佑星が産まれてきてくれてくれた日の朝日。 病室から。



佑星へ

無事に産まれてきてくれて本当にありがとう。

ここへ来てくれて本当にありがとう。

ママを選んでくれて本当にありがとう。

頑張ったね、本当によく頑張ったね。

今日からあなたもLovE&StaRの仲間入りだよ

楽しくやっていこうね

佑星誕生 084


病室にて。

つづきを表示

スポンサーサイト

PageTop

出産日記 ~誕生まで☆

続き。

いつもと違う夜中の病院。
シーンとしたロビーで待つと助産師さんが一人やってきた。
とりあえず、父を残し私はLDRに案内される。
LDRとは陣痛室と分娩室が一緒になった部屋。
佑星誕生 004

このベッドが、その時になると脚をのせる台が出てきて分娩仕様へなるというわけ。
とりあえず、診察してもらう。
子宮口5~6㎝大に開いてるらしい。
『朝までには産まれます』とのこと。
急に出産が現実化してきて、今更ながらドキドキしはじめる。
『朝になる頃には赤ちゃん抱いてるんだぁ~』なんか不思議な感じ。
実家に母と壱星を残してきてるため、モニターをつける間とりあえず父に帰ってもらう。
モニターを付けてる間、パパに電話で本物の陣痛だったことを報告。
モニターの間、赤ちゃんの心拍もスピーカーで流れる。 バクバクバクバク。
電話の向こうにも聞こえるらしく『懐かしい音~』とパパ。
あと一日で立ち会ってもらえたんだけど残念やったね~なんて話しながら。
定期的な強い張り。 やっぱり痛い。
助産師さんがチェックしにきてくれた。
いい陣痛はついてるけど痛みの幅がまだ短いらしい。
1時15分頃に内診してもらい『2時頃にお母様に来てもらうように言って下さい』と言われる。
と言うことは結構開いてきてるのか??!
看護婦さんも来て、なにやら助産師さんとヒソヒソ話。
『3時ごろ』がどうこうとか聞こえた気がしたので、
『何時ごろになりそうですか?』と聞いてみると
『さあ~。どうでしょうねぇ』とサラッと流される。
教えちゃいけない決まりなの??
しばらく自由にしていいと言われてソファーに座ってテレビ見てみたり、
LDRの撮影をしてみたりする。
佑星誕生 006

ベッドの足元側の壁。
この時計とにらめっこしながら頑張った。
テレビもいつも面白いと思って観てる『さま~ずなんとか』がついてたけど耳に入ってこなかった。
2時前に父、母、壱星が到着。
壱星、寝起きだけど機嫌がよくハイテンションだった。
泣いてるかと思ったので、ほっとする。
とりあえず母だけLDRにいてもらい、父と壱星は仮眠のため私の入院室へ。
壱星は寝なかったらしいけど。
佑星誕生 008

母に相手してもらい、リラックスできたけどやっぱり痛いときは痛い。
今まで搾ったら少し出る程度だったおっぱいがポタポタ出だした。
身体が赤ちゃんを迎える準備してるんだぁ~と感動。
2時20分頃、もう一度モニター&処置をするためベッドに上がる。
母、一時退室。
でも、下がってきてる感じやいきみたい感じなし。
壱星のときは子宮口3㎝くらいのときから腰は痛いし力入るしで大変だったのに。
だから痛いけど、もう産まれそう~~とかそうゆうのはなかった。
2人目ということもあり、冷静に判断できた。
でも、私の判断とは裏腹にベッドは分娩仕様へ。
あれあれ? 脚にカバー付けられたり色々と準備される。
張りのときには痛くて『ふぅー、ふぅー!』と息を吐くしかできない。
張りのときに合わせて内診されるんだけど激痛っ!
2時40分頃、助産師さんに『ふぅー、ふぅーのあと、少しだったらンッていきんでいいよ』
と言われるけど、もういいの?ってほどいきみたい感じ無し。
4時48分 張りとともに破水。
一気にいきみたい感じと、頭が下がってくる感じが襲ってきた。
あ~コレコレ!産まれそうっ!
3時頃、深夜に起こされた寝癖の院長先生と母が入ってくる。
『痛い~~~!!』と叫ばないと決めてたので、そこまで叫ばないものの
『フゥーーーッ!!フゥーーーーーッ!!!』と外まで聞こえる声で、
そのあと『んーーーーっ! んーーーーーっ!!』っていきむ。
いきみすぎて、涙が出てきた。 
壱星のときは鼻水出てきたけん、今回はマシだった。
過呼吸で手がしびれる。 これは壱星のときもだった。
ビクスや母親学級では体勢が痛くてできない。
『脚を広げて!腰をもっと下に!!』と半分怒られつつ。
何度かいきんだあと、自分でも頭が出てくる感じがわかる。
『手を胸にしてハァハァ!』に合わせて短速呼吸へ。
そして…
ズルッってベイビー誕生!!

すぐに元気な産声を上げて泣いてくれた。
ホッとしたのと嬉しいので涙が出た。
なんか、変な笑いも出た。
私の希望もあり先生がすぐ赤ちゃんを触らせてくれた。
少しヌルヌルしててプニプにしててなんとも言えない感触。
『赤ちゃん、赤ちゃんだー。あはは。頑張ったね~、頑張ったね~』って言ったと思う。
ちっちゃくて、壱星そっくりで本当に可愛かった。
そのあと赤ちゃんは先生に診察してもらった。佑星誕生 009

私は後産。 胎盤を出して見せてもらった。レバーみたいな結構大きいの。
これが私と赤ちゃんを繋いでたんだ~。
赤ちゃんは台に乗せられていて元気よく泣いていた。
本当に元気。佑星誕生 010

早く抱っこしたいけど、私は診察だったり色々処置を先生にしてもらった。
これがまた激痛で…ここでNGワードの『痛いぃ~』が出た。
痛いけど頑張った。
しばらくこれほどの痛みを味わうことはないでしょう。 うん。
佑星誕生 013


続く。





PageTop

出産日記 ~入院まで☆

佑星が生まれてきたときのこと、出産の武勇伝的な。
詳しく書きますので、出産に夢見てるかたはご遠慮ください

1月6日→

病院で言われてた出産予定日。
お昼、ダイアモンドシティーに行きショッピング。
かなり活動的に動いたけん、夜22時~0時まで5分おきの張りがくる。
5分おきということは経産婦なら即入院しなきゃなんだろうけど
とりあえずいきみたい感じはしないし眠りながら産まれてたってことはないだろうから
とりあえず寝てみる。
案の定、遠のく。 前駆陣痛だったらしい。


1月7日→

私とパパの間ではひそかに『1月7日な気がする』と勝手に思い込んでた予定日。
昼はかよちゃんちに遊びに行って子供たちと楽しく過ごす。
その間も時々お腹が張る。
今日じゃないかもだけど、いずれにせよ、もうそろそろなので入院の最終的な用意と
壱星のお泊りセットの確認をする。
父はこの様子を見て『虫の知らせか』とドキドキしてたらしい。
そうこうしてたら21時くらいから、また5分おきに張る。
けど、張った感があるだけで痛みはほとんどない。
張りだけでは産まれないので、余裕をかます。
22時から張るときに少しずつ痛みが来るので、今日入院か??!と疑い始める。
とりあえず、神奈川にいるパパと電話しつつ痛みに耐える。
張るとき以外は普通にできるけど、張りのときは
『アイタタタ… フゥーー』としか言えなくなる。
4~5分おき、20秒くらいの痛み。
早く病院に電話すればいものの、いきみたい感じはないし下がってくる感じもない。
これが陣痛だとしても、今すぐには産まれないだろうと2人目の余裕もあり
0時まで粘ってから決めることにする。
日付越えたら、入院費1泊分浮くかなぁとかケチぃことをこの期に及んで考えてた。
23時から痛みの幅が40秒くらいになる。でもいきみたい感じはなし。
壱星のときは、このいきみたい感じがしてからが長かった。
暗い入院室で一人うめきながら、いきみに何時間も耐えていたトラウマがあった。
それなら、家族のいる家で過ごしたいという気もしたから
なかなか病院に連絡しなかったのです。



1月8日→

日付が変わるのを待って病院へ電話。
状態を伝えると『入院準備をしてきてください』と人生で2回目の言葉をかけられる。
もしかしたら前駆陣痛かもしれんけど、とりあえず診てもらおうと
母と熟睡してる壱星を家に残したまま父の運転で病院へ。
虫の知らせを感じていた父は晩酌を控えていた。
車の中で、『今から入院してくる!』とお昼遊んだカヨちゃんとフクちゃん
同じ妊婦仲間のユミちゃんにメールして励ましてもらう。
そんな車内でも、定期的に襲ってくる陣痛。
痛みのときは動けないくらいになっていた。
0時半ごろ病院の前についてパパに電話。『とりあえず、行ってくる』と。
佑星誕生 001

そして、深夜だったので病院のチャイムをピンポン。
『どうぞ~』と自動ドアが開いた。
佑星誕生 002



後半へ続く。。


      

PageTop

お宮参り

2月11日(月・祝) お宮参りに太宰府天満宮まで行ってきました
佑星生まれてから 052

この季節にしては暖かく、梅の花も咲いてました。
受験シーズンで、学業の神様を祀ってある太宰府天満宮はすごい賑わいでした。

   健やかに成長しますように…

佑星生まれてから 064

やっぱりここに来たら梅ヶ枝餅
今回、壱星は3個も食べました

PageTop

1ヶ月健診

佑星生まれてから 049

本日、産まれてからジャスト1ヶ月なので1ヶ月健診に行って来ました。

体重 3022g → 4182g
身長 50.0㎝ → 55.0㎝
胸囲 32.0㎝ → 35.0㎝
頭囲 33.0㎝ → 37.0㎝
     でした~

1ヶ月で身長5センチ伸びてるって結構スゴイ

大人じゃ考えられないほどの驚異的な伸び率

どおりで、沐浴してる洗面台のふちを蹴るようになったはず…


この調子ですくすく大きくなぁれ

佑星生まれてから 045

ちなみに壱星ニィニィは、みかんにハマりまくりです。


今日から湯船に浸かれるぞ~~ 
ばんざぁい

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。