FC2ブログ

LovE & StaR

壱星☆佑星とわたしの気になることぼちぼち日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

喘息入院

やっと落ち着きを取り戻せつつある我が家。

壱星が喘息の太鼓判おされちゃって~

mixiの日記には書いてたけど、福岡から帰るなりってか帰り道からゼーゼーしちゃって。
羽田でいつもの風邪より変だってことに気づく。
空港の診療所で診てもらい、休養ベッドで休ませてもらい、
少し寝てから藤沢まで直行バスで1時間半かけて無理矢理帰宅
落ち着く間もなく、夜間診療所で診てもらい、吸入。少し落ち着く。
酷くなれば、深夜でも救急にかかってくださいと言われ帰宅。

夜中もお腹をへこませながら一生懸命呼吸してる感じで。時々起きながら。ゼーゼー。
後から思えばこの時点で急いで救急にかかるべきだったんだろうけど、
高熱でも深夜に病院駆けつけるってのやったことなくって粘ってしまう。

朝6時に起床。
きつそうだったので救急病院に電話し症状を伝え、指示を仰ぐも
『今すぐ来てください!』という答えはもらえず、『後はそちらの判断で…』的な。
昨日からろくに食べてない壱星は『ごはん、おみそしる。』と要求。
食欲あるし、寝転んでアンパンマンのビデオ観ながらアンキックをパパにお見舞する余裕アリ。
でも、基本隣の部屋にいても聞こえるゼーゼー。と咳。
福岡から手伝いで一緒に帰ってきてくれた母が病院に連れてったほうがいいよ。
と言ってくれ藤沢市民病院救急センターに直行。
土地勘無いせいで混む道を通ってしまい、やっとのことで到着。
その間も眠いのか、きついのかでうつろうつろの壱星をみて救急車なら…と思った。

待合室で看護婦さんに見てもらうなり『あ~、きついねぇ、きついねぇ』と言われ、
救急慣れしている医療チームの人たちをバタバタさせるくらいの発作だったってことを知らせれる。

体内の酸素濃度も全然足りてなく、即酸素マスクをされ、吸入、血液検査、点滴。。。
お医者様を含む3人をバタバタさせ、壱星も物々しい雰囲気に号泣。

かなり大きな発作を起してたらしく入院となった。

1歳8ヶ月の引越しの時に気管支炎をやって1週間入院したことあったけど、
今回は『喘息です、しかも大発作。』ときっぱりと言われたがっくり

結局、計7日間の入院となった。

その入院中の我が家は大変。

母は2泊3日でチケットを手配してたし、仕事もあるので福岡に戻らないといけない。
地元を離れて頼れる人がいないこの土地で、さぁ大変。

なんせ市民病院は、入院に対しての規則がすごく厳しい。

その中でも私たちを悩ませたのが
・付き添い入院ができない
・面会時間は親でも15時から19時厳守
・12歳未満の子供の病棟立ち入り禁止
・兄弟のための一時預かり施設やプレイルームなし
・病棟にはお茶、ポカリ以外の飲食物の持ち込み禁止

個室料金、1日辺り1万いくら払えば付き添いよかったんだけど、
佑星を連れ込めないしで結局大部屋。

佑星を一時預かりにいれようと思ったけど、月齢も足りずに無理。
退院まで毎日パパが仕事抜け出してきて、変わりばんこで佑星のお世話を外ですることに。
面会時間しか会えないので、4時間勝負。
病気で辛いときにこそ、ずっとそばについててあげたい。
まだ3歳なのに。
ジィジバァバの部屋ですら寝たこと無い壱星がお泊りなんて。
面会で会えて嬉しい反面、時々『おうち帰りたいよぉ~』と言う壱星にこっちが辛くなり。
毎日19時には物凄い勢いで泣き叫ぶ壱星を振り払って帰るのがどんなに辛かったか。

帰りの車内は毎日お通夜状態。
病院のグチ大会。
スタッフの対応とかすごく良くていい病院だと思うけど、このシステムだけは許せない。
せめて寝かしつけまでいさせてほしい。
19時に病棟を後にする親たちは皆涙を拭きながら。
子供も親も辛すぎるよ。

あともう一つ入院食が許せなかった。
壱星はマルチアレルギーっ子。
除去品目を伝えれば、お医者さんも看護婦さんも栄養士さんも戸惑いを隠せない。
確かに、その気持ちも分かる。
何を食べさせてるの?みたいな。だから弁当でもこっちは全然かまわなかった。
でも、結局病院でなんとかします。って言って毎日出てきたのが、
・朝  御飯・味噌汁・のり
・昼  御飯・豚肉醤油煮・お野菜の小鉢
・おやつ  ゼリー
・夜  御飯・豚肉醤油煮・お野菜の小鉢

これを7日間毎日繰り返し。お野菜の小鉢は毎回違ったけど、
昼夜のおかずは豚肉(野菜とかなしよ!)。毎回。

食事が唯一の楽しみなのにさすがに可哀相で。こんなん飽きるよ。
でもどんなに訴えても持ち込み不可で。
あ、でもアレルギー用のふりかけだけは特別に持ち込みさせてくれた。
これが、アレルギーに特化しているかかりつけの相模原病院なら
アレルギー食も種類豊富だったんだろうけど、ここがこんなんとは知らなかったし相模原遠いし。


そんなこんなで、1週間長かったぁぁぁぁぁ。

病状は発作が酷かったわりに本人元気で、回復も早く。
酸素は2日で外れたし。
看護婦さんより男の看護士さん大好きで
ナースコールで『おにぃさぁん!』と呼び出し、いっつも遊んでもらってたそう。

発作が大きかったから長くなると言われたけど思ったより早く退院できました。

退院したらいっぱい好きなことさせて甘えさせてあげよう!って毎日思ってたけど、
そうは上手くいかず、この入院で甘えん坊になり、
トイレで100%できるようになってたのに3日間ほどお漏らししまくり。
やっぱり2人の育児って大変。
とイライラバタバタの日々を送ってます。

でも、
家族が健康で家に揃ってるってのが何より有難いことなんだと気づかされた7日間でした。

ちなみに血液検査の結果。IgE2280.食べ物は相変わらずやけど、
今回ハウスダスト・ダニの数値が6で100を振り切ってましたjumee☆Feel Depressed4

ダニとか見えない敵なだけに…かなり掃除とか気を使ってるのに
布団の上で暴れる壱星にカチンときます
最近、何言っても聞かないけど『また入院してママとバイバイなるよ??!』と脅すと
『いやだ』と止めてくれます。
でも可哀相だからあんまりこのネタ使いたくないんだけどね。

入院中のパチリ

面会時間の幸せなひととき
P9240193.jpg


入院生活最後のほうには吸入が上手くなった壱星たん。
こんなの上手くなってもね…
P9260199.jpg



最後になったけど、
入院してると言ったら子供がいるのにヘルプに駆けつけてくれた
いくちゃんとyamaちゃん、本当にありがとう!
すごく助かったし、精神面でも支えてもられました。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

すごいすごい、大変だったね(T-T)
ほんとお疲れ様!下の子を連れて行けないってどんなシステムよっていいたい。。もちろん周囲のことを考えたら仕方ないのかもにしても。でもじゃぁどうしたらいいのって思うよね。誰もが皆頼れる身内がそばにいるって思ってほしくないよね。アレルギーに関しても・・・
ちなみに市民病院はほなの出産時に転送されかけたけど拒否られたし、深夜救急でお世話になりかけたときも電話対応ひどかったから絶対行くもんか!(怒)って思ってるよ^^;
でもどこも一緒なのかもなぁ、大きい病院って。
心身ともにお疲れ様でした!
甘えん坊でも元気ないっせいくんになってよかったね!
いつもどおりの日常、にぎやかに過ごしてね~^^

みなみ | URL | 2008年10月15日(Wed)07:22 [EDIT]


大変だったねぇ~(泣)
厳しすぎるょぉ~!!!
その病院!!
ウチの近くの病院は、個室だったからかもだけど、時間外も面会出来たし、食べ物の持ち込みも自由だったよ~。
ご飯も、食べられないって話したら、すぐ栄養士さんが来てくれて、その日の昼から変えてくれた。
病院も色々あるから、選ばなきゃだね。
けど遠いと大変だもんね。
近くて通いやすいのが一番よ。
あとは、信頼出来る医師に出会うこと。

何はともあれ、無事退院出来て何より☆
健康が一番☆
チカちゃんもイッセイも、みんながんばったんだねぇ(涙)
良かった♪♪♪

また遊び行くね♪
わんぱく坊主と、次男坊にもお目にかからなきゃっ(笑)

あいこ | URL | 2008年10月16日(Thu)22:40 [EDIT]


□みなみちゃん□
ええええっ!
断られたの??!このご時世そんなもんなのかぁ?
毎日本当に賑やかよ!
また遊ぼうね!お誘いするよ~♪

□あいこちゃん□
大変なのよ~。うんうん。
小児科だからなのかなぁ?
病院も選んだほうがいいんやろうけど、地元じゃないから
なかなかとっさの時に判断できなくてね!
そうだよぉ~。近々遊びにおいでよ☆
計画立てて~!

chika | URL | 2008年10月22日(Wed)13:19 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。